BLESS誕生物語 ~無謀な挑戦の始まり~

日本に帰国、そして起業

2002年11月1日に帰国。
故郷の石川県に戻り、亡くなった父が残した小さな工場で「有限会社CORAZON(コラソン)」を11月20日に設立。

たった1人で工場に残っていた機械などを処分して、積もった塵と埃と格闘すること2ヶ月。何とか工場を掃除して、事務所兼倉庫として4畳半の部屋にアメリカから持ち帰ったiMac1台を置いてスタート。

大学卒業してすぐアメリカの会社に就職したため、日本の仕事のやり方がまったく分からない。おまけに自転車を組んだことも、パンクを直したこともない。アメリカで注文してきたコンテナ1本分の150台のビーチクルーザーがやって来る。
「知識なし」「経験なし」「お客なし」「資金なし」の状態。
今振り返ってみると、無謀としか言いようのない行動。

もし今、私の目前にそんな奴が現れたら・・・間違いなく「失敗するからやめろ!」と忠告するでしょう。(笑)

(有)コラソン設立(有)コラソン設立

何もない倉庫とわずか4畳半の事務所で0からのスタート

無謀な挑戦のはじまり

12月に東京ビックサイトで開催された東京サイクルショーを訪れ「自転車企業年鑑」を購入。それを頼りに全国の自転車ショップ約900件に事業案内をファックスしました。しかし結果はカタログ請求が1件のみ。そして地元の自転車ショップに飛び込み営業をするものの、「ビーチクルーザー」と口にしただけで、まったく話を聞いてもらえない有様。ビーチクルーザーは「デカイ」「粗悪」「売れない」「興味がない」、挙句の果てには「ビーチクルーザーを売るなんてバカじゃない!」とまで言われました。

全然売れない状況を打破するため、すでに申し込みが締め切られていた東京ビックサイトで開催される「アクティブ・コレクション」への出展を決意。サーフィンやスノーボードなど“横乗り系”と呼ばれる業界の展示会です。事務局に電話して「申し込みはすでに締め切っているし、開催まであと1週間しかないのは知っています。トイレの横でも会場の隅っこでも構わないから、何とか出展させて欲しい」とお願いしました。そしたら「出展社にキャンセルが出て1ヶ所だけ空きがあるからOK」との返答。

この1本の電話が、小さな希望の光となり物語のスタートとなりました。

【2003年アクティブ・コレクションへ出展】
2003東京アクティブコレクション 2003東京アクティブコレクション 2003東京アクティブコレクション
初めてのイベント出展 アクティブコレクションで初展示 興味を持ってくれた方へ必死にアピール

page top